ソリューション事例

-Solution-

peret

基材との界面強度

薄膜と基材の界面の強さは製品にとって重要な項目です。表面から基材内部までのデータからエロージョン率の変化を読み取り界面の強さを特定します。薄膜または基材の強いほうをまたは弱いほうを基準にして強さを数値化します。基材表面の表面粗さが分解能に大きく影響します。

試験のご依頼はこちらから

基材との界面強度の試験事例

硬質薄膜 元素分析との比較

多層構造の硬質薄膜を評価した事例です。
MSEで各層と基材の強さおよび界面部の強さ特定ができたことで、GD-OES元素分析と合わせて評価することができました。

▶ 詳しくはこちら

超硬チップ表面コーティングの膜質分析と耐久性評価

鋳鉄加工用超硬チップ2種類AとBに対してMSE試験を2粒子試験で全層分布を取得し、
比較評価しました。

▶ 詳しくはこちら

光学無機薄膜の内部強さ分布と変質

3種類の樹脂基材上のTiO2膜を評価した事例です。
基材が異なる超薄膜でもMSEのエロージョン力をコントロールして強さの評価と分布の可視化が
できました。

▶ 詳しくはこちら

TiO2光学薄膜の超精密膜質分析

光学薄膜を多角アルミナ粒子と球形シリカ粒子の2種類の粒子で試験を行うことにより、今まで以上に超精密な膜質の分析が可能になりました。

▶ 詳しくはこちら

メガネ用プラスチックレンズコートの強さ分布

一般的に市販されているメガネレンズのコーティングされているものを評価しました。
弱い基材上の強い被膜でも、基材の影響を受けることなくコーティング単体の評価をすることができました。

▶ 詳しくはこちら

試験のご依頼はこちらから