ソリューション事例

-Solution-

peret

表面処理・熱処理の厚さ

表面の強さ分布が傾斜している(グラデーション)場合は膜厚特定が困難です。表面から内部までのエロージョンデータ取得からエロージョン率分布が判断できこの変化点をもって膜厚とすることができます。その精度はサブミクロンになります。

試験のご依頼はこちらから

表面処理・熱処理の厚さの試験事例

鋼の表面処理~浅い処理~

同一材料の3種類の窒化処理を試験した事例です。
硬さ換算ソフトで、表面から深さ方向の強さ=硬さ分布が、各窒化処理で大きく異なることを可視化できました。

▶ 詳しくはこちら

窒化層の深さ方向の詳細硬さ測定

MSE試験硬さ測定アプリケーションで表面から深さ方向の詳細な硬さ分布を測定する。

▶ 詳しくはこちら

リン酸化成皮膜

ハードコート前処理のリン酸化成被膜を評価しました。被膜と基材界面部の強度分布を見ることが試験の目的です。

▶ 詳しくはこちら

試験のご依頼はこちらから